ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その63

複雑な
手続きが
行われて
それから
数ヵ月後
創は
里子として
迎えられました。

もう高校生ですから
ふたりは
安心していました。

正月には
豊岡の実家にも
行きました。

それから
事件があった日は
お墓参りを
しました。

3回忌の
法事も
近所の住職さんに頼んしました。

悟と
十詩子は
ものすごく仲が良かったのですが
創の前では
仲間はずれにしてはいけないと
思って
少し距離を置いていていました。

創は
それが
わかっていました。

創は
それとなく
話しました。

ふたりは
感じ取って
創を交えて
さん人仲良く過ごすように
勤めました。

創も
努力している様子でした。

それが
悟と十詩子には
より愛おしく思いました。