ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

2013-09-01から1ヶ月間の記事一覧

楽器可賃貸の防音アパートの防音室 防音扉は二重 その17

何度も書いておりますが 楽器も使える防音アパートをつくっています。 防音室は 壁は相当防音壁になっておりますが 開口部は やはり ちょっと難しいです。 既製品なら 高価で重くてかさばる 防音扉を取り付けるのですが もっと 軽くてコンパクトなものを 利…

ブログ小説「冴子の人生は」 その32

結婚して 7年経ちました。 登は 会社では 一番出世で 生え抜きでは 出世頭で 羨望の的でした。 会社には 生え抜き組と 天下り組の 二組があって べつに対立しているわけではありませんが 生え抜き組は 登を応援していました。 その応援に応えるべく 無理をし…

園田のライブカメラ 復活

当地は 大阪から 普通電車で9分 徒歩6分の地にあります。 南南西には 大阪のビル群が 間近に見えます。 10年前から 園田のライブカメラを 提供しておりましたが 、、、、、、 しかし 今から 7年前の 8月 当地は 雷雨に襲われました。 激しく 雷鳴が鳴り響き …

ブログ小説「冴子の人生は」 その31

悪く言えば 家族を顧みない 良く言えば 家族のために 尽くしている 登は いずれにせよ 帰ってきて 風呂に入って 少しだけ 夜食を食べて 寝る そして 朝早く起きて 新しいカッターシャツに着替えて 食事もそこそこで出かけていくのです。 そんな毎日で 休みも…

二重扉についての一考察 吸音材について

他の防音壁が扉より充分に防音性があることが前提です。 防音室で均一化した音は 防音室を透過します。 先の実験によれば 防音室は73dB 扉一枚を閉めたとき56dB 扉2枚を取り付けたとき52dB の測定結果が得られました。 73dBから56dBに減衰したと言うことは 1…

ブログ小説「冴子の人生は」 その30

登の両親が 赤ん坊の世話をしてくれることは 冴子にとって よく言えば 育児の煩わしさから 開放されて 非常に助かっていると 考えなくもありません。 冴子は 最初の内は そのように考えていました。 確かに 育児は大変です。 登が 仕事に忙しく 全く協力的で…

ブログ小説「冴子の人生は」 その29

当時は 「猛烈社員」 と言う言葉が 流行していて 登は その代表選手に なりたいと思っているようでした。 得意先の会社にだけ 営業に行くだけでなく その担当者や 上司・社長の家まで 夜討ち・朝駆けの 仕事です。 朝は 6時頃でかけ 夜は 10時頃は早いくらい …

楽器可賃貸の防音アパートの防音室 エアコンの貫通孔は その16

防音室は ほぼ完成しました。 エアコンを 防音室に付けなければなりません。 しかし 遮音の基本である 隙間を無くすことと 矛盾しています。 防音チャンバーのような 曲がりくねったところを エアコンの接続管を 通すことは 理論上は可能ですが 実際上無理で…

ブログ小説「冴子の人生は」 その28

ハワイでは 英語がわからず 旅行としては あまり楽しめませんでした。 しかし、 冴子は そんなことは 新婚旅行には 関係ないので 登と 充分に 楽しみました。 伊丹空港には 登の両親が迎えに来ていて まずは 実家に連れて行かれました。 「疲れた」と言った …

ブログ小説「冴子の人生は」 その27

冴子は デートを重ね 婚約する運びになりました。 登じゃなくて 登の母親が 仲人のことや 結納・結婚式・新居のことまで すべて決めました。 冴子は めんどくさがりだったの 別に 嫌のこともありませんでした。 新居も 登の家の近くの 登の父親が持っている マ…

阪急電車から見えるロフトのイルミネーション

夜になると 外灯と 窓の部屋の光以外にはありません。 静かな住宅地ですので もちろんです。 その中に 写真の イルミネーションが 見えるのです。 よく目立ちます。 この園田のアパートについて 詳しく知りたい方は 園田の賃貸アパート スマートフォンでご覧…

今日は雨模様です。

暑い夏が続いていたのですが やっぱり 夏は終わるみたいで 涼しくなってきました。 今日は当地では 雨模様で 涼しいです。 ところで 雨模様の 模様は どんな模様なの と考えていたら 模様の意味には 色んなのがあって デザインという以外に ”名詞の下に付い…

ブログ小説「冴子の人生は」 その26

登の母親に気に入られて 母親は 冴子に いろんな事を聞いてきました。 冴子は 普通に答えていました。 食事が用意され 頂きました。 フランス料理ではないけど 和食で 豪華でした。 登は いつも食べている様子で 冴子は 心の中で 「お金持ちはこんなもの毎日…