ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

昭和30年代始めの頃 さくら荘 その14

昭和30年代始めの頃 さくら荘 その14

トイレの続きで申し訳ございません。

さくら荘には、トイレが
一階と2階にあったと言いました。
これが曲者と言うか
さくら荘の欠点です。

夏になると最高の過酷な状態です。

話を昭和30年代初めの頃の
我が家に変えますと
トイレは、玄関から
10m以上離れた
敷地のはずれの
外にありました。
なぜ外にあるかと言うと
不潔で臭いからです。

こんな汲み取りトイレが
一軒のお家の中にあるので
夏になると
「目を突くような」臭いが
アパートを襲います。
トイレは、少しでも日の当たらないように
北側の東側にあるのですか
そんな配慮は、
全く役に立ちません。
もちろん
管理人さんが
毎日掃除をしますが
焼け石に水です。

でもお家の中にトイレがあるのは、
先進的で
文化的なんです。
何しろさくら荘は、
優れた設備のアパートだったんです。

トイレは、寝室の近くにあったら
本当に助かりますよね。
話は、またまた変わりますが
私が、昭和36年ごろから住みだした家は、
トイレは、家の中にありましたが
寝室からは、遠く離れた反対側にあり
本当に怖い目をしました。

皆様は、トイレについての思い出はありますか。
すみません卑近な話で、、、