ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

キリスト教徒でもないがクリスマスはたぶん中学生のころからの行事だった。

私が生まれたのは
1952年です。

大阪郊外の
寒村です。

大方の人がそうであったように
今に比べれば
相当赤貧の生活です。

「人は
貧しきを憂いにあらず
人は
平らならざるを憂う」ですので
私たちは
幸せでした。

現金収入が
ほとんどないので
クリスマスだからと言って
ケーキを買うことはできません。

中学生になった
1966年頃
現金が
多少入るようになって
私の家でも
クリスマスケーキを買い始めました。

当時ですので
バタークリームの
クリスマスケーキです。

ホールケーキを
みんなで切って
食べました。

美味しかったです。

というか
未知の境地です。

 

 

 

今週のお題「クリスマス」