ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

昭和30年代始めの頃 さくら荘 その20

昭和30年代始めの頃 さくら荘 その20

さくら荘から一番近いお風呂屋さんまで
3分くらいでしょうか。
昭和35年頃と
現在とは、道は変わっていません。

舗装がアスファルト舗装
そして歩道がタイル舗装になったくらいでしょうか。
そうそう並木が
以前はポプラであったのが
タイル舗装になった時に
コブシとクスノキに変わりました。

ポプラの時は、
すごく高く木が伸びて
付近の人は、きっと困っていたと思います。

お風呂屋さんは、
県道の通りに面していましたが
戦後まもなくは、
その近くに
市場があり
とても園田では、
繁華なところだってのです。
でも
火事にあって
市場が全部丸焼けになってしまったのです。
そのため新しい市場が
駅前にできたのです。

その市場が
前出の「文化市場」です。

少しだけ話が変わりますが
市場に入っている
お店屋さんの
火災保険は、
一軒を除いて
その火事の前日に
切れていたそうです。
そのため多くの商店主は、
新しい文化市場に代われなかったそうです。

やっぱり火災保険は、
入っておかないと
枕を高くして寝られませんよね。
でも入るような
資産がない私は、、、
、、