ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

2014-05-01から1ヶ月間の記事一覧

母の日に花を贈れる人は幸せ

ホームセンターに 用事があって 行きました。 アナウンスで 「今日は母の日 カーネーションが 一鉢500円」と 繰り返し告げていました。 カーネーションを 贈ることが出来る人は 幸せですよね。 母がいたあの日は もう帰って来ません。 ゆく時間 過ぎてはかな…

夢の話です。

このエントリーは 特に意味はありません。 皆様は 夢(夜見る夢)を よくみますか。 そしてその内容を 覚えておられますでしょうか。 私は 毎夜 数度夢を見ます。 その上 よく覚えています。 もちろんカラーです。 もっと言えば 3Dです。 今日未明に見た夢の…

ブログ小説「超幸運な男」その4

支那事変は、 だんだん大きくなって 満州をめぐって ついに 大東亜戦争に至ります。 勇治は 軍属となって 台湾に渡り それから 華中戦線に 参加していきます。 勇治の 戦争での 行いについては 省きますが 書きづらいところです。 戦争中は 全然 家には帰り…

ブログ小説「超幸運な男」その3

勝が小さい時は 家族は 父親「勇治」と母親 父親の母親「千代」と 父親の一番下の妹「けい」との 5人家族でした。 というか 父親と母親の決まった家はなく 母親の家に いたのです。 下の妹が生まれると 父親と母親は 一攫千金を狙って 全国を 旅して ほとん…

ブログ小説「超幸運な男」その2

屈曲し性格の次男坊は いわゆる 大正デモクラシーと呼ばれる 時代を 幼児期過ごしたのです。 今で言えば バブル時代です。 バブリーな考え方を 持った父親と 仲がよくなる女性は やはり同じような人だったのです。 当時は 「水商売の女」と 呼ばれる 女性で…

陽が当たる庭付き

陽が当たる庭があると 快適ですね。 花壇が出来るし 野菜もできるかもしれません。 子供が 安全に遊べるかもしれません。 なにより 陽が当たる 庭を見るだけで 「癒される」でしょうね。 庭付き駐車場付きファミリーマンション

ブログ小説「超幸運な男」その1

ブログ小説「冴子の人生は」では なにかしら 不幸な人生を 書いたつもりです。 全くの 力量不足ですので そんなことが 通じていないと 思いますが そうだと理解して下さい。 私の 親戚の中に 相当 幸運な方がいます。 人を羨んではいけないと 母の言葉に反し…

可愛いお部屋はクロスから

可愛いお部屋にすんでみたいですよね。 毎日が楽しいと思います。 クロスを選ぶのは とても難しいですよね。 木目調は 落ち着く柄ですが そうかと言って 全面貼ると 部屋が真っ黒になって 重くなってしまいます。 こんなに濃い柄の場合は 一部だけ貼るのが …

昭和30年代初めの頃を私が読んで

記憶の中にあった 私の子供の頃の 思い出を 書いてみました。 今読み返してみて 父も母も 元気でした。 朝は朝星 夜は夜星 で働いていました。 たぶん 当時の父の歳は 私の今の歳と あまり離れていません。 当時の父のようには 絶対に働けません。 父や母が…

昭和30年代初めの頃 2月頃の我が家の一日 全話

先日来より 誰でもわかる昭和30年代クイズで 取り上げております 十能 消し壺 ひあそみ かんてき まめたん こたつ で 少し物語を作ってみようと思います。 落語の お題話しのように 落ちもありませんので ご容赦下さい。 昭和30年代初めの 田舎の寒村の 様子…

昭和30年代初めの頃 小話その21

寝間着に着替えた 私は 父が仕事をしている 土間のある方を向いて 正座して 「お父ちゃん お休みなさい」と 手をついて 言いました。 同じことを 夜なべをしている 母にも言いました。 母は 「はい お休み お布団の中で 暴れたら いけませんよ。」と 言って…

昭和30年代初めの頃 小話その20

母は 賢明な大正生まれの女性です。 子供の能力を 見抜いていたのです。 姉には あんなにも 厳しかったけど 私には 「勉強しなさい」とは 言ってくれましたが しないからと言って 叩いたりはされませんでした。 通知簿で 「2」を 持ち帰った時も 他の部分を…

カスタマイズ増築

とてもわかりにくい 写真ですみません。 トイレを 増築しています。 今日は 内装のプラスターボード張りました。 もちろん 吸音板を ぎっしり入れて 張り込みました。 明日は 玄関付近の内装です。 すこし 分かり易い 写真にします。 カスタマイズできるアパ…

昭和30年代初めの頃 小話その19

ひとつのこたつで みっつの布団の 暖をとるのです。 理屈上は もうひとつ 4人まで出来るのですが それはしません。 だって ひとつは北枕に なってしまいますので それを嫌っているのです、 父が一番奥 私と母 姉 が寝ます。 母は 慎重に 掛け布団を 掛けます…

カスタマイズのために増築

カスタマイズのために 少し増築しました。 増築ですので 外壁も 新しくなりました。 すこし 高めの サイディングです。 石張り調の窯業系です。 重量感がありますが 本当に重いです。 増築の場所には トイレになる予定です。 カスタマイズできるアパート

昭和30年代初めの頃 小話その18

母は こたつの準備です。 まだまだ寒い 二月ですので こたつを 用意します。 かんてき(七輪)に 新聞紙を 丸めて 火を点け その上に 消し壺の からけしを置きます。 下から 使い古した 大きめの うちわで パタパタと 七輪の 下の口へ 風を送ります。 炭は …