ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

2016-01-01から1年間の記事一覧

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その55

母親は 何も言えませんでした。 父親が しばらくの時が過ぎて 仕方がないの 「亡くなって 今検視になって 、、、、」と だけ告げました。 上羽は 膝を折って へたり込みました。 「○×△# 、、、、、 どうして こんなことに あの時 一緒に行っていれば どうし…

血糖測定は痛い!!でも役に立つ

私が 購入した 血糖測定用の器具です。 いろんなタイプが あるらしいのですが いずれも 同じようなものです。 まず 上の 血を 指から出す器具です。 指を温め 軽く揉んで なるべく低い位置に置きます。 血を出す器具を 指に当て 押すと 針が 指に食い込みま…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その54

処置室が 急に 静かになりました。 母親のところに 年長の女性の 看護師さんらしきものが やって来て 「残念ながら ただ今 大場さんの 死亡が確認されました。 こちらにお願いします」と 言って 案内されました。 処置室に入ると 由美子の 体から いろんな装…

1.9兆円の赤字国債はどうだろう

新聞の 1面に 「補正予算で1.9兆円の赤字国債発行」と 掲載されていました。 私にとっては ショッキングな事実です。 あなたは どのように この記事をお読みですか。 たぶん お歳をめした方なら あるいは 経営者なら 景気が良くなると 考えておられるかも知…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その53

「大場さんは 交通事故に遭われて 病院に搬送されました」と 電話から 伝わってきました。 母親は オレオレ詐欺の 一種かと 思いました。 しかし 電話は 「駅前の病院です。 経った今 搬送されました」と続き これは本当だと思ったのです 目の前で 救急車が …

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その52

救急隊員は 手際よく 処置を施し 救急車に 移しました。 しばらくして けたたましい音を出して 救急車は 駅の方へ 走り去りました。 一方 駅で待つ 母親は 救急車や パトカーの サイレンを 聞いていました。 慎重な 由美子だと思っていたので 母親は 特に心…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その51

翌日は 大学の入学式で 由美子の母親も 出席することになっていました。 上羽も 「行きたい」と 言ったのですが 由美子が でないで欲しいと 言ったのです。 残念に思ったけど 由美子の 保護者でもないので 諦めて 会社に行くことにしました。 上羽が先に 家…

血糖値スパイク

健康診断を 皆様しておられることと 思います。 私の 健康診断の結果ですが 空腹時血糖値は 正常域ですが HbA1cが境界域ですが 高いのです。 『変だな』と思っていました。 糖負荷試験を して欲しいと 何度も 医師にお願いしましたが 今の 保険制度下では難…

プロテインデザート youtubeビデオ

プロテインのスポンジケーキを 簡単に作れる キスワンですが どのくらい簡単か ビデオに撮ってみました。 技術と言うようなものは 不要です。 圧力槽に パッパと入れて サッサッと 加圧して クルクルと 回転し 型にドバッと移して オーブンでパーと焼くと 出…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その50まで

50話は最後です。 地球に住んでいる 生き物の 命の将来は 全く予想だにもできません。 同じように この地球上で暮らす 人間も 同じです。 「朝に紅顔ありといえども 夕べには白骨となる」 です。 大切に思った人でも その例外ではありません。 逝った人も 先…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その49

上羽: 試験場で 最初に会って それから 偶然 二度目会って そんな事あり得ないよね 由美子: 私もそう思います。 学食で 会うなんて 偶然の中の 偶然ですよね 上羽: 学食であった時 由美子さんは 私を 『バカだ』と 思っていましたよね 由美子: そんな事…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その48

進行旅行から帰ってきた翌日 ふたりは 休みを取っていました。 上羽は 近くでもいいから 出掛けようかと 誘ってくれましたが 「由美子は 家で ゆっくりお話でもしましょう」と 答えました。 新しいマンションは 3階にあって 眺めが良いのです。 並んで 窓に…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その47

大学が合格して その後の仕事も 確保して これで 前途洋々と 思いながら 「あっ 結婚式が 有ったんだ」と 気が付きました。 由美子は 人生最後の 慶事 結婚式に 全力で 対応することにしました。 春分の日は 雨になりました。 外での 写真撮影が 出来なくな…

プロテインデザート作ったら

運動した後 プロテインを 摂ると 筋肉モリモリに なるんですよね。 私は なったからと言って どうなるものでもないので プロテインを摂りません。 若い人の中には そんな願望を持つ人も おいでかと思います。 そんな プロテインが 美味しかったら 良いともい…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その46

そう思うと そうかもしれないと 思いました。 長年 誤解していたのかも知れないと 由美子は気が付いたのです。 翌る日 会社の課長に 退職届を 出すことになりました。 大学に行くと 到底仕事が出来ないので 残念ですが 辞めざる得ないのです。 上羽の 負担を…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その45

母親は わからぬような顔をして 「そんな事ないでしょう。 私は いつも 兄弟同じように しているわよ」と 答えました。 「えっ」と 由美子は叫んだように 思いました。 「思い過ごしなの そんな事ないでしょう。 あれは事実だ」と 思いもう一度 言ってしまい…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その44

お祝いの会は 和やかにすすみ 結婚生活のことを 由美子の 母親が聞いてきました。 2人は 「だいじょうぶ ノートラブル」と 答えました。 ふたりの結婚式は 春分の日に 行われる予定になっています。 忘れないようにという意味と 毎年 休日で お祝いには都合…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その43

会社のみんなが 喜んでくれたので すっかり 上羽に 電話するのを 忘れていました 勤務時間中ですから メールで送りました。 すぐに 「おめでとう 今日はお祝いだから お家に行きます。」と 返信がありました。 両親にも 同じように メールをしました。 こち…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その42

試験に合格しようが 不合格になろうが 結婚はすることになっていました。 その用意は 試験勉強で 後回しになっていたので 発表までの間は 準備に 右往左往していました。 日は過ぎて 発表の日が来ました。 インターネット上で 発表です。 勤務時間内は 閲覧…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その41

最初は20話程度の小話とするつもりだったのに話が進むと 倍の40話を超えてしまいました。 はじめの構想ではえーっと、、、、、、、、、、、、、 41 由美子は 試験問題が 安すぎるので 『この試験は 出来レースになっているのだろうか』と 疑ったくらいです。…

あなたの会話は共感型or問題解決型?

先日に 女性は共感型の会話 男性は問題解決型の会話を する指向があると 書いたことがあります。 でもそれは 一般論で 時として 違うことがあります。 希に 時と場所を選んで 変わる人もおいでになるみたいです。 もちろん 女性でも問題解決型 男性でも共感…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その40まで

地球に住んでいる 生き物の 命の将来は 全く予想だにもできません。 同じように この地球上で暮らす 人間も 同じです。 「朝に紅顔ありといえども 夕べには白骨となる」 です。 大切に思った人でも その例外ではありません。 逝った人も 先立たれてしまった…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その39

由美子は 「よかった」と 思いました。 考えてみれば 試験を受けて 近くに優さんがいたから そして 合格して みんなに喜んでもらえなくて 大学へ行ったら また優さんに会って 偶然の出来事だけど きっと きっと ふたりは出会いは 決められた ことなんだと 思…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その38

付き合って 初めてのデートの日 由美子は 『優さん』と 呼んでみました。 そしたら 予想通り 大喜びして 由美子の手を 両手で握りしめ 目がキラキラしていました。 少し涙目でした。 由美子は 優さんって 分かり易い いい人なんだと 確信しました。 この時か…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その37

メールで そのことを 上羽に伝えると すぐさま返信がありました。 「ただただ嬉しい」 と書いてありました。 いつもの くどいほど長い メールと正反対です。 良かったと 思いました。 この日から 由美子は 上羽の メールに すべて返信するように しました。 …

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その36

メールを 何度も読み返して 上羽の 真意が わかったように思います。 『上羽は 私が 好きなんだ。 理由は よくわからないけど 私が 好きなんだ こんなに 男の人に 思われるのは 人生で初めてというか 、、、、、 上羽の 思いを受け入れて 結婚でも して それ…

セパレート型互い違い階段の組み立て方

ロフトの階段である 互い違い階段のうち 分解して 持ち込み易くした 互い違い階段です。 セパレート型互い違い階段は 分解して 持ち込める 互い違い階段です。 大型の 冷蔵庫並みになります。

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その35

由美子のメールに すぐに返信がありました。 さすが 上羽だと思いつつ メールを見ると 「久しぶりのメールありがとうございます。 (ひさしぶりで すみません。 でも 上羽さんのように 毎日メールを出すほどの 話題もありませんので) さておたずねの件です…

スーパームーンは見た目が変わりません。

昨日は満月で スーパームーンだそうですが 平素との違いが わかりません。 同じようだと思いますが 皆様どうでしょうか。 今日は 曇り空で 月が出たり 雲に隠れたりの連続です。 女房殿は 「今綺麗に見えている」と何度も言ってきますが 見に行くと 雲をかぶ…

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その34

以前 お金が続かないと 言ったことがあるので そんなことを言うのかも知れません。 「でも それって 政略結婚 いや 政略結婚は 金持ち同士の 結婚だから これは 政略結婚ではないよね うーん だったら 人身売買 大学へ行くお金で 私って 上羽に買われた それ…